日付・時刻を表示

日付・時刻を表示するプログラムを書いてみよう。

まずは日付・時刻を表示するプログラムを書いてみましょう。 このプログラム自体は非常に短く、理解しやすいでしょう。 他のプログラムでも、時刻を表示させたい場合があるので、 使用頻度もけっこう高いプログラムです。

日付・時刻を表示するプログラム

日付や時刻を表示することはよくあるので、そのための関数が用意されています。 日付・時刻を表示するには、date と書くだけでいいのです。 このコマンドを利用すると、現在の日時が表示されます (コンピュータの時計がずれていると、ずれた時刻が表示されてしまいます)。

 print date("Y/m/d"); 日付を表示 例: 2004/08/02
 print date("H:i:s"); 時刻を表示 例: 10:20:30
 print date("Y/m/d H:i:s"); 日付と時刻を表示 例: 2004/08/02 10:20:30

かっこの中にアルファベット(フォーマット文字と呼びます)が書かれていますが、 これは、日付・時刻の表示方法を指定しています。 例えば、年なら4桁で表示するか2桁で表示するかを選べ、 月なら頭に0を入れるか入れないか(1月を01と表記するか1と表記するか)を選べます。

アルファベット 表示形式
Y 西暦を4桁で表記
y 西暦を2桁で表記
m 必要ならば先頭に0を追加し、常に2桁で表示:01〜12
n そのまま表示:1〜12
F 英語で表記:January
M アルファベット3文字で表記:1月は Jan
t その月の日数:1月は31、2月は28
d 必要ならば先頭に0を追加し、常に2桁で表示:01〜31
j そのまま表示:1〜31
S 英語の序数:1ならth、2ならnd
曜日 D アルファベット3文字で表記:日曜日は Sun
l 英語で表記:日曜日は Sunday
w 日曜は0、月曜は1、...土曜は6と、数字で表記
H 24時間表記、必要ならば先頭に0を追加し、常に2桁で表示:00〜23
h 12時間表記、必要ならば先頭に0を追加し、常に2桁で表示:01〜12
G 24時間表記:0〜23
g 12時間表記:1〜12
a amまたはpm
A AMまたはPM
i 2桁の数字:0〜59
s 2桁の数字:0〜59

和暦を使うには

PHP は日本人が開発したわけではないので、年を平成で表記することはできません。 なので、いったん西暦で数字を取り出し、1988 を引くようにしましょう。 (1989年が平成元年のため)

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.