演算子

演算子の種類と使い方を学びましょう。

プログラミングでは演算子は欠かせません。 プログラミング習得には、 演算子の使い方をマスターすることが大事です。 ここでは、php で良く利用する演算子を解説しています。

演算子とは

演算子とは、値や変数や文字列や式に対して、何らかの操作を行う命令のことです。 行う操作の種類によって、以下のように分類されます。

代数演算子

代数演算子は、足し算、引き算、かけ算、割り算を行うための演算子です。 当然ですが、引数は数値になります。 「文字列かける文字列」などという演算は行うことができません。

割り算の場合だけは注意しましょう。 割り算の場合は、割った結果がほしい場合と、余りが欲しい場合とで、 書き方が異なります。 「10 / 3」なら、3 になります。 「10 % 3」なら、1 になります。

演算子 意味
+ 足し算を行います。
- 引き算を行います。
* かけ算を行います。
/ 割り算を行います。
% 割り算を行い、余りを求めます。

結合演算子

結合演算子は、文字列を結合する命令で、 「.」(ドット)を利用します。

演算子 意味
. 文字列を結合する。
  $family_name = "田中" ;
  $first_name = "太郎" ;
  print $family_name . $first_name ;

代入演算子

代入演算子は、「=」記号を用いますが、これは左辺と右辺が等しい、 という意味ではありません。 php では「=」は左辺に右辺を代入します(他の言語でもほぼそうなっています)。 なお、「左辺と右辺が等しい」は「==」と、 イコール 2 個で表します(比較演算子を参照)。

演算子 意味
= 代入を行います。
+= 左辺に右辺を足します。
-= 左辺から右辺を引きます。
*= 左辺に右辺をかけます。
/= 左辺を右辺で割ります。
%= 左辺を右辺で割り、余りを求めます。
.= 左辺に右辺を付け加えます。

単純に代入するのはわかりやすいですが、 後のは慣れないとわかりにくいかもしれませんね。 下の例では、「+=」は左辺に右辺を足すわけですが、 もともと 10 だったところに、5 を足して、合計 15 になります。

  $value = 10 ;
  print $value += 5 ;

なお、以下のように「=」を用いて書いても、同じ結果が得られます。 普通の算数ではおかしな式に見えますが、 右辺は「元の値(10) に 5 を足したもの =15」になり、 それを左辺に代入するので、結果は 15 になります。

  $value = 10 ;
  print $value = $value + 5 ;

さらに、「1 を足す」「1 を引く」という操作は良く利用するので、 これらの操作はそれぞれ、「++」「--」と書くこともできます。

「変数++」と「++」を変数の後につけた場合は、 順に解釈されるので、まず変数を表示して、「1 を足す」が実行されます。 したがって、足す前の数値が表示されます。 「++変数」と「++」を変数の前につけた場合は、 順に解釈されるので、まず「1 を足す」が実行され、その後変数を表示します。 したがって、足した後の数値が表示されます。

  $value = 10 ;
  print $value++ ; 表示は 10
  print ++$value ; 表示は 11

比較演算子

比較演算子は、2つの数を比較して、 条件を満たす場合は「真」、条件を満たさない場合は「偽」を返します。 代入演算子と異なり、変数の中身には何も作用しません (変数の数値は変化しない)。

演算子 意味
== 両辺が等しければ真になります。
=== 変数の型を含めて、両辺が等しければ真になります。
!= 両辺が等しくなければ真になります。
!== 変数の型を含めて、両辺が等しくなければ真になります。
< 左辺が右辺より小さければ真になります。
> 左辺が右辺より大きければ真になります。
<= 左辺が右辺より小さいか等しければ真になります。
>= 左辺が右辺より大きいか等しければ真になります。

実行演算子

シェルコマンドを実行します。 `(バッククォート)で囲まれた部分がシェルで処理されます。 サーバによっては利用できないことがあります。 また、実行を許可する場合は、セキュリティに十分ご注意下さい。

演算子 意味
` 囲まれた部分をシェルコマンドで実行します。

論理演算子

二つの式の間に記述します。 左右の式が成り立つかどうかを調べ、 結果に応じて「真」または「偽」をかえします。 なお、否定「!」は式が一つだけです(「!」の後ろに記述する)。

演算子 意味
and 両方が成り立つ場合に真になる。 「&&」という表記でも良い。
or 一方または両方が成り立つ場合に真になる。 「||」という表記でも良い。
xor 一方が成り立つ場合に真になる。 ※両方が成り立つ場合は偽になる。
! 成り立たない場合に真になる。

どの演算子もプログラミングで良く利用するものです。 しっかりマスターしましょう。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.