検索エンジンのキーワードを表示する

訪問者が入力した検索キーワードを再利用しよう

検索エンジンから訪問する場合、当然ですが検索キーワードがあります。 プログラムを利用することで、検索キーワードに連動して、表示するページ内容を変更することができるので、広告効果も高くなります。

検索キーワードを取得するには

検索エンジンの検索キーワードは、 リファラ(訪問者がどのページから来たかを示す)を調べることでわかります。 リファラは、 $_SERVER['HTTP_REFERER'] で取得することができます。

また、PHPは正規表現を利用して、文字列の切り取りや置換ができます。 ここでは置換関数mb_ereg_replaceを利用します。 この関数を利用して、リファラから検索キーワードを切り取ります。

また、キーワードはURLエンコードされた形で取得できるので、デコードし、さらに空白を半角空白に統一しておきます。

    $url = parse_url($_SERVER['HTTP_REFERER']);
    $str_temp = mb_ereg_replace(".+q=([^&]+).*","\\1",$url);
    $str = urldecode($str_temp);
    $str = mb_convert_kana($str,"s");
    print $str;

Googleの場合、検索キーワードは q=キーワードという形式になっています。 Google検索のリファラを取得すると、キーワードの後にも、&num=100のような変数が付属することが有るので、「&」の直前までを切り取るようにします。 他の検索エンジンの場合も、キーワードを格納する変数名が異なるぐらいで、処理はほぼ同じです。

また、複数キーワードの場合、先頭のみを取得します。 キーワードは空白で区切られているので、空白の位置を調べ、その直前までを切り取ります。


   $key_length = 0;

   // キーワードが複数ある場合は半角空白の直前までを切り取る
   $key_end = strpos($url," "); 
   if ($key_end > 2) {
      $key_length = $key_end ;
   }
   if ($key_length >= 1) {
      $key = substr($url,0,$key_length);
   } else {
       $key = $url;
   }

検索窓に入力する

もっとも単純な利用方法は、訪問者が入力したキーワードを、検索窓に入力しておくことです。 訪問者が興味を持っているキーワードなので、クリックされ易くなります。

楽天の場合

楽天の場合は、検索窓のHTMLタグの8行目あたりに、

<input type=text size=14 name=sitem value=>

という部分があるので、ここに検索キーワードを表示するようにさせればOKです。 (タグは 日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場 から取得してください)

<input type=text size=14 name=sitem value="<?php echo $key;?>">

ビッダーズの場合

ビッダーズの場合は、検索窓のHTMLタグの14行目あたりに、

<tr><td height="42" align="center"><input type="text" name="keyword"
size="18">

という部分があるので、ここに検索キーワードを表示するようにさせればOKです。 (タグは ビッダーズ から取得してください)

<tr><td height="42" align="center"><input type="text" name="keyword"
value="<?php echo $key;?>" size="18">

アマゾンの場合

アマゾンの場合は、検索窓のHTMLタグの60行目あたりに、

<input type="text" name="keyword" size="20" value="" />

という部分があるので、ここに検索キーワードを表示するようにさせればOKです。 (タグは Amazon Associate から取得してください)

<input type="text" name="keyword" size="20" value="<?php echo $key;?>" />

スクリプトの利用方法

スクリプトソースをダウンロードし、スクリプト部分をファイルに貼り付けます。 貼り付けるファイルの拡張子は、.phpにしてください。 貼り付ける場所はどこでも構いません。 検索キーワードを表示したい場所に、<?php echo $key;?> と書き込んでください。

スクリプトの利用については、全て自己責任で行ってください。 特にアフィリエイト利用の場合、アフィリエイト規約を確認の上、スクリプトを利用してください。

スクリプトをダウンロードする


アフィリエイト広告収入の仕組みや、アフィリエイトで稼ぐ方法については、 人気ホームページ製作法 をごらんください。

低糖質キッチン ボーノドーノ

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.