cookieの仕組み

cookieの仕組みを知ろう

cookieって聞いたことがありますか? ホームページでは良く利用されていますが、 詳しくは知らない、という人も多いでしょう。 ここでは、cookie の使いかたや cookie が必要な理由、 利用上の注意を解説しています。

cookieとは

cookieとは、訪問者のパソコンに保存されるテキストファイルです。 保存できるのはテキスト形式のデータに限られています。 また、cookie は、URL ごとに作成されるので、 あるサイトの cookie が別のサイトで読み込まれたり、 書き換えられたりすることはありません。

cookieの使い方

cookie は、訪問者が複数のページを閲覧するときに、 前のページで入力した情報などを引き継ぐために使用されます。 例えば、ショッピングカートのように、 商品紹介ページと購入申込みページが別々の場合に、 どの品物をいくつ購入したのか、といった情報を cookie に保存して受渡しします。

ショッピングカートの他にも、掲示板などでは、 投稿者名などを cookie に保存するようにしていることが多いです。 そのような掲示板では、2回目からは投稿者名を自動で補完してくれます。 また、投稿回数などをカウントしてくれる掲示板もあるようです。

cookie が必要な理由

訪問者は、ホームページのデータをもらうために、サーバにアクセスします。 訪問者は1人とは限らず、何人もがほぼ同時にアクセスすることも当然ありますね。 そのため、サーバは、 どのアクセスが同一の訪問者からのアクセスなのかを確かめないといけません。 (そうしないと、Aさんが選んだ商品がBさんのショッピングカートに入る、 といったことが起きるかも知れません。)

web サービスのプロトコルである http には、 訪問者を特定する仕組みが存在しません。 そのため、訪問者の特定のために cookie が使われることが多いです。

また、cookie を使用しておくと、インターネットの接続を切ったり、 パソコンの電源を切ったりしても、再びサイトを訪問したときに、 前の情報を引き継ぐことができます。 例えば、オンラインショッピングで買おうか迷った商品を、 とりあえずショッピングカートに入れておき、 (この情報が cookie に保存されます) 後日注文する、といったことが可能になります。

cookie を利用する時の注意

cookie は便利なものですが、使う場合には注意が必要です。

cookieは、ユーザーの環境によっては使用できません。 多くのブラウザでは、cookie を使用しない設定をすることができます。 cookie を使う場合は、cookie を使う理由を明示して、 訪問者に cookie を受け入れる設定をしてもらうようにしましょう。

また、cookie 自体はユーザーのパソコン上に残ります。 パソコンを共有している場合などは、他人が覗いてしまうかもしれません。 このため、cookie にパスワード等を保存するような使いかたは避けましょう。

cookie を利用する方法は、 cookieを利用するをごらんください。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.