ランダム表示

ランダム表示するプログラムを書いてみよう。

バナー広告などをランダム表示させると、 訪問の度に異なる表示がされ、ホームページスペースが有効に利用できます。 ここでは、乱数を利用して、ランダム表示するプログラムを作りましょう。

乱数を生成する

ランダム表示には、まず乱数を生成する必要があります。 乱数を生成するには、mt_rand という関数を使用します。 関数 mt_rand は、mt_rand(1,10) のように、 乱数の最小値と最大値(端点を含む)を指定します。

  mt_srand((double)microtime()*1000000);
  $ransuu = mt_rand(1,10);
  print $ransuu;

mt_srand という関数は、乱数の種を指定する関数です。 ここでは、サーバの時刻を種に使用しています。 (種を指定しなくても乱数生成は可能ですが、乱数生成の精度や速度の観点から、 指定したほうが良いでしょう。)

ファイルを読込む

外部ファイルを読込むには、関数 require を使用します。 この関数では、PHP スクリプトを読込んだ場合は、 <?php ?>で囲まれた部分についてはスクリプトを実行します。 <?php ?>の外の部分はHTMLとして読み込まれます。 テキストファイルを読込んだ場合は、そのまま表示します。

例えば、ホームページのメニュー部分だけを独立したファイルにしておき、 関数 require を使用して読込むことができます。 こうすると、全てのページでメニューを共有でき、 サイト更新が容易になります。

  require ("menu.txt");

ランダム表示させるには、関数 require の引数を乱数で指定します。 読込むファイルは、あらかじめエディタなどで作成しておいてください。 下のスクリプトの場合は、1.txt2.txt のようになります。

  require ("$ransuu.txt");

スクリプトは、 ダウンロード した後、末尾の.txtを取り除いてください。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.