PHP技術者認定試験初級

教科書「はじめてのPHP5」

オライリーから出版されている初めてのPHP5を教科書に出題されます。

PHP技術者認定試験初級

PHPに関する基礎知識を問う試験です。 我流ではなく、標準的なスキルを習得していることの証明になります。

デザイナー、コーダー等がPHP技術者試験を取得することで、ビジネスの幅が広がる(CMSカスタマイズ等に対応できる)、といわれています。

出題範囲

教科書から満遍なく出題されます。 PHPだけでなく、Webサーバーの仕組みや、SQL構文についても基礎的な知識が問われます。

1章オリエンテーションと始めの一歩 0.06
2章テキストと数の操作 0.08
3章判定と繰り返しについて 0.08
4章配列の操作 0.08
5章関数 0.08
6章Webフォームの作成 0.08
7章データベースに情報を保存 0.08
8章クッキーとセッションでユーザを記憶 0.06
9章日付と時刻の取り扱い 0.06
10章ファイルの操作 0.08
11章XMLのパースと生成 0.02
12章デバッギング 0.04
13章クラスとオブジェクト(クラス定数も含む) 0.02
14章日本語処理 0.06
付録B 正規表現の基本 0.04
付録D PHP5.1とPDO 0.02
追加1.セキュリティ(各章からのポイントの集約や一般的な知識など) 0.02
追加2.出力バッファ(エラー処理。各章からのポイントも含む) 0.02
追加3.定数・予約語 0.02

試験対策本が2011年夏頃出版されるらいいです。

受験方法、試験会場

選択式客観テストで行われます。 コンピュータを用いた試験(CBT)は、プロメトリック社の指定会場で受験します。 認定スクールの場合は、各スクールにお問い合わせください。

正解率70%以上で合格となります。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.