PHP技術者認定試験会場

全国で受験可能

PHP技術者認定試験は、コンピュータを用いて実施されます。プロメトリック社が試験実施しています。

※ウェブ系専門学校等で団体受験する場合は、学校の担当者にお問い合わせください。

CBT試験

CBT試験(コンピュータを用いた試験)で、プロメトリック社が実施しています。 受験者のメリットは、以下のようなものがあります。

  1. 試験会場を選択できる(各県に一つはある)
  2. 日時を選択できる
  3. 採点結果がすぐに分かる

CBTのデメリットは、以下のようなものがあります。

  1. 会場/時間帯による混雑度の差
  2. メモが取りにくい
  3. 見直しがしにくい

ただし2, 3はあくまで私個人の印象です。

受験までの手続き

  1. プロメトリックのサイトで予約する(試験の種類、会場、日時、受験料支払い方法を選択)
  2. 受験料を納付する(クレジット払いなら即時反映)
  3. 予約確認書を印刷する
  4. 試験当日、予約確認書と本人確認書類を持参する

本人確認書類については、プロメトリックのサイトで確認してください。

当日は

予約確認書と本人確認書類の提示を求められます。また試験開始時刻に遅刻しないようにしましょう。

試験会場内には私物持ち込みできません。会場のロッカーに全て収納します。

メモ用にマーカーと紙を受け取ります。 これらは試験終了後に回収されます。

受験者の氏名が正しいか確認した後、自分のIDを入力し、試験開始をクリックします。 試験時間内でも、受験者の判断で回答終了することができます。 回答終了した場合は、速やかに退室してください。

合否の確認

試験終了後、即時採点されます。合格の場合は認定証が後日送付されます。

※2011年6月時点での受験手続きを掲載しています。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.