ループ文 while

条件が成立している間、決められた処理を繰り返します。

プログラムを作るときに、同じ処理を繰り返し実行したいことがあります。 そのようなとき、使用するのが while です。 条件を決め、その条件が成立している間、同じ処理が行われます。

ループとは

ループとは、同じ処理を繰り返すことをいいます。 while を使うと、ループ文を作ることができます。 条件を決めると、その条件が成立している間、同じ処理が繰り返し行われます。

  while (条件) {
       文; 条件を満たす間の動作
  }

例えば、下のように使うことができます。 この例では、1 から 10 までの数字を順に表示させることができます。

  $i = 1;
  while ($i <= 10) {
       print "$i <br>" ;
       $i++ ;
  }

一度は必ず実行する do 〜 while

while を利用する場合、 設定した条件を満たさない場合はループの中身が一回も実行されません。 少なくとも一回は実行したいこともあるでしょう。 そのようなときは、dowhile を利用します。

  do {
       文; 
  } while (条件) 

dowhile を使った場合、まずループの中身が実行されます。 その後、条件判断を行い、条件を満たす場合は再度ループの中身が実行されます。 以後、条件を満たす間は繰り返し実行されます。 プログラムを書く順序にそって、「中身の実行 => 条件判断」 と覚えておきましょう。

無限ループに注意

ループを利用するときには、 無限ループにならないように注意しましょう。 無限ループとは、ループの条件がずっと成立するため、 ループの実行が永遠に繰り返されるようなループのことをいいます。 もし、無限ループを作ってしまうと、 そのプログラムは永久に終了しなくなります。 最悪の場合、サーバ全体に影響してしまうので、 無限ループを作らないように注意しましょう。

ループ文 for」に進む

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.