PHPとは

HTML と親和性の高い PHPを使いましょう

PHPとは、プログラム言語の一つです。PHPは、PHP Hypertext Preprocessor の略です。 インタープリタ型なので、面倒なコンパイル作業なしにすぐに動作確認できます。 HTML内部にプログラムを記述して動作させることができるので、ホームページ製作では良く用いられる言語です。 ここではPHPの特徴について解説します。

PHPはインタープリタ型言語です。

プログラムを書いたら、面倒なコンパイル作業なしに、すぐにテストができます。 動作を確認しながら順次プログラムを書いていくことができるので、開発効率が良く、使いやすい言語である、といえます。

インタープリタ型言語は速度が遅い、というデメリットがありますが、Web で使用する言語には高速な計算は要求されないことが多いので、問題ないでしょう。

PHPはデバッグがしやすいです。

PHPに限らず、プログラムにはバグがつきものです。 原因はいろいろあるのですが、PHP の場合、エラーが起きたときにエラーメッセージが表示され、エラーが起きた場所を教えてくれるので、バグの修正がしやすくなっています。

※サーバーの設定によっては、エラーメッセージが表示されないこともあります。

PHPはHTMLに埋め込むことができます。

これがPHPの一番の特徴といってよいでしょう。 ホームページ製作のための言語 HTML を普通に書き、PHP で処理したい部分だけ PHP で処理することができるので、わざわざ別のファイルにする必要がなく、一つのファイルで一つのページができてしまいます。

これまで CGI に良く用いられてきた Perl と比べると、はるかにプログラミングしやすい環境になっているので、今から Perl を学習しよう、と思っていた方には、PHP をお勧めします。

PHPはデータベースとの連携がしやすい。

PHPには、データベースと情報をやりとりするための関数が標準で用意されています。 これを利用することにより、オンラインショップのように、データベースを利用したWebシステム構築が非常に容易に、効率的に行えます。

PHP 5(ファイブ)徹底攻略(エキスパート編) PHP 5(ファイブ)徹底攻略(エキスパート編)
PHP 5(ファイブ)徹底攻略 の続編。 セキュリティ管理や、セッション管理、パフォーマンスチューニング方法など、 実用上の必須技法の解説が中心。 Smarty、PEAR などの解説も詳しく、実践的な一冊。 800頁と大部なので、ネット購入で自宅へ郵送が便利。
Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.