C言語とは

C言語はweb作成にはあまり利用されていません。

本屋へ行くと、プログラミングの本はC言語が多く並んでいます。 プログラミングというと、C言語を思い浮かべる方も多いでしょう。 残念ながらwebではC言語はほとんど出番はありません。

C言語はコンパイラ型言語です。

C言語とは、コンパイラ型のプログラミング言語です。 webサーバなどに良く利用されている UNIX という OS が C言語で書かれています。 処理速度が速い、メモリ管理がしやすい、などの理由により、 非常に多くのアプリケーションソフトが C言語で書かれています。 このホームページで詳しく紹介する PHP も、C言語を参考にして作られています。

C言語はいろいろとメリットがあるので、学習しておいたほうがいいと思いますが、 web作成の観点からすると、C言語はあまり魅力的ではありません。

C言語はwebサーバで利用できない。

共用レンタルサーバでは、C言語が使えるサーバはほとんどありません。 いくら良いプログラムでも、利用できなくては意味がありません。 自分でwebサーバを運用すればC言語をwebサーバで利用することはできますが、 実用的ではありませんね。 そのため、C言語で書かれたCGIスクリプトもほとんど公開されていません。

C言語はwebでほとんど利用されていないため、 このホームページでも詳しく取り上げないことにします。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.