JavaScriptとは

JavaScript は HTML と親和性の高い言語です。

JavaScriptとは、Netscape社がホームページを動的に変化させるために利用されるプログラム言語です。 インタープリタ型なので、面倒なコンパイル作業なしにすぐに動作確認できます。 HTML内部にプログラムを記述して動作させることができるので、ホームページ製作では良く用いられる言語です。 ここではJavaScriptの特徴について解説します。

JavaScriptはインタープリタ型言語です。

プログラムを書いたら、面倒なコンパイル作業なしに、すぐにテストができます。 動作を確認しながら順次プログラムを書いていくことができるので、開発効率が良く、使いやすい言語である、といえます。

インタープリタ型言語は速度が遅い、というデメリットがありますが、Web で使用する言語には高速な計算は要求されないことが多いので、問題ないでしょう。

JavaScriptはHTMLに埋め込むことができます。

これがJavaScriptの一番の特徴といってよいでしょう。 というより、Javascriptはほとんどこの目的のために作られた言語ですね。 HTML は単にテキストや画像を表示するだけですが、JavaScriptを使用すると、時刻によってメッセージを変化させたり、ランダムにメッセージを表示したり、といったことができます。

高度な機能としては、ぐーぐるマップのような仕組みもJavaScriptを利用しています。 神戸ホテル地図のようなページを作ることもできます。

JavaScriptはユーザー側で実行される。

CGIが使えるサーバは良いのですが、無料サーバなどではCGIが使えないこともあります。 そのような場合でも、JavaScriptはユーザー側で実行されるため、利用することができます。 JavaScriptはかなりいろんな機能がありますので、CGIの使えないサーバでプログラムを利用したい方はJavaScriptを利用すると良いでしょう。

ただし、欠点もあります。 ユーザー側で実行されるため、ユーザーの環境によっては、うまく動作しないことがあります。 また、ユーザーがJavaScriptを使用しないように設定していると、無効になります。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.