コンパイラ言語とインタープリタ言語

プログラムの実行形式

高級言語は直接コンピュータが処理できるわけではありません。 高級言語はコンピュータが処理できる形式に変換する操作を行って、はじめて動作します。 変換の形式には、大きく分けるとコンパイラ型とインタープリタ型の2種類があります。

コンパイラ型言語

コンパイラ型は、プログラムが完成したら処理形式を変換します(この作業を、「コンパイルする」と呼びます)。 この結果、実行ファイルと呼ばれる、ソフトウェアを実行するファイルが作成され、このファイルを実行する(コンピュータに処理させる)と、プログラムが動作します。 元のファイル(ソースファイルと呼びます)は、ソフトウェア実行に必要ありません。 コンパイラ型は、コンパイル作業がある分だけ手間がかかりますが、プログラムの実行は速くなります。

インタープリタ型言語

インタープリタ型は、プログラム作成したら、すぐに実行することができます。 この場合は、プログラムを実行する毎に機械語に変換されます。 コンパイルする手間がかかりませんが、プログラムを実行するときに、「変換 -> 実行」という作業を行うため、コンパイラ型と比べると処理速度が多少遅くなります。 まあ、現在のコンピュータの速度を考えると、大量の計算をさせない限りは問題ないですけど。 速度が多少遅くなるかわりに、いちいちコンパイルする手間が省け、開発効率は良くなります。

プログラミング言語の種類
コンパイラ型 インタープリタ型
プログラム実行 コンパイル作業が必要 ソースファイルを直接実行
処理速度 速い 遅い
言語の例 C, C++ Perl, PHP
Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.