プログラミング言語とは

プログラミング言語について学びましょう。

プログラミング言語とは、コンピュータに命令を出すための記号体系です。 私たちが使っているアプリケーションソフトは、プログラミング言語でかかれています。 コンピュータを動かすためには、欠かすことのできないものです。

プログラミング言語の種類

世の中にはプログラミング言語がたくさんありますが、ここでは低級言語と高級言語の区別、コンパイラ型とインタープリタ型の区別を解説します。

低級言語と高級言語

低級言語は、コンピュータが直接読み取ることができるもので、機械語とも呼ばれ、2進数で表現される数字の羅列です。 高級言語は、人間が理解しやすいように設計されているプログラミング言語です。 詳しくは、低級言語と高級言語をごらんください。

コンパイラ型とインタープリタ型

コンパイラ型は、プログラムが完成したら処理形式を変換します インタープリタ型は、プログラム作成したら、すぐに実行することができます。 インタープリタ型は、コンパイラ型と比べると処理速度が多少遅くなります。 詳しくは、コンパイラ言語とインタープリタ言語をごらんください。

いろいろな言語

プログラム言語はたくさんありますが、代表的なものだけ紹介します。 なお管理者はPHPを主に用いています。各言語の詳細な仕様は、公式サイトにて確認してください。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.