画面が真っ白

エラーログを調べる

画面がまったく表示されない場合、サーバー上でエラーが発生している可能性が高いです。 サーバー上のログファイルを調べると、エラーメッセージが確認できます。

画面が真っ白=エラー

画面が真っ白になるのは、たいていの場合、サーバー上で何らかのエラーが発生しています(ブラウザのバグや、ネットワーク不調の場合もあります)。

エラーが発生しているが、サーバーの設定で、エラーメッセージを表示しないようになっている、というケースが多いでしょう。

エラー表示がオフになっている理由

公開サーバーでは、エラーメッセージをブラウザ上に表示する(訪問者に表示する)のは好ましくありません。 PHP に関する情報を訪問者に知らせると、アタックされやすくなるからです。

このため、公開サーバーでは、エラー表示はオフに設定することが一般的ですし、そうすることが推奨されています。

エラーログファイルを調べる

エラーメッセージは画面上に表示せず、ログファイルに記録するケースでは、ログファイルにエラーの具体的な内容が保存されています。ログファイルの場所は、サーバーの設定によって異なります(php.iniで設定することが出来ます)。

php.iniの、error_logを見ると、エラーログの場所が分かります。 ログを記録する設定は、log_errors="1"です。また、エラー報告の範囲をerror_reportingで指定します。これらも確認してください。

レンタルサーバーの場合は、設定マニュアルやFAQなどで、ログファイルの場所等を調べてください。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.