viでサーバーのファイルを編集するには

viエディタの使い方を学びましょう。

viエディタを利用することで、 サーバー上でスクリプトファイルを直接編集することができます。

viとは

viとは、UNIX系OSで標準で用いられるテキストエディタです。 利用環境を制限しないようにするため、 キーボードだけで全ての操作ができるように設計されています。 コピーやペースト、検索など、 良く利用する機能がキーボードから呼出可能になっています。

ほとんどの Linux OS では、viエディタまたは vim(vi improved)エディタが標準装備されています。 また、ウェブサーバーなどのサーバー管理ではviエディタが使われるので、 使い方を知っている人も多いと思いますが、 ここで簡単に解説をしておきます。

viエディタの2つのモード

viエディタは、インサートモード(文字を入力する)と、 コマンドモード(テキストの検索、置換、保存などを行う)の2つがあります。 以下のキーでモード間の移行を行います。

i
コマンドモードからインサートモードへ移行(カーソルの位置から入力開始)
a
コマンドモードからインサートモードへ移行(カーソルの次の位置から入力開始)
[ESC]
インサートモードからコマンドモードへ移行

viでのカーソル移動

viエディタでは、カーソル移動はコマンドモードで hjkl の4文字に割り当てられています。 右手のホームポジション付近のキーを割り当てているため、 入力しやすくなっています。 (矢印キーも利用可能ですが、上記4文字を利用したほうが高速です。)

h
カーソルを左へ移動します。
j
カーソルを下へ移動します。
k
カーソルを上へ移動します。
l
カーソルを右へ移動します。

viでのアンドゥ

viエディタでは、コマンドモードでuをタイプすると、 直前の動作が取り消されます。 取り消しは1回分だけなので注意しましょう。 (viの拡張版のvimでは複数回のアンドゥが可能になっています。)

viの終了方法

viエディタは、終了コマンドもキーボードから呼び出します。 コマンドモードで以下のように入力すると、 viエディタを終了することができます。

:q
終了します。変更を保存するか確認メッセージが表示されます。
:q!
変更を保存しないで終了します。
:wq
変更を保存して終了します。
ZZ
変更を保存して終了します。Enterを押さなくても実行されます。
Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.