拡張子htmlのファイルをPHPで動かす

既存htmlのPHP化

標準的なウェブサーバーでは、拡張子php のファイルは PHP スクリプトとして認識されます。 拡張子html のファイルは、html ファイルとして認識されます。

新しくページを作る場合は、拡張子を php に設定すれば良いのですが、既存のページ (拡張子 html) に、php スクリプトを挿入したい場合には困りますね。

.htaccess の利用

.htaccess に、以下のように記述することで、.html ファイルを PHP スクリプトとして動作するように設定できます。

AddType application/x-httpd-php .html

サーバーによっては下の記述になります。

AddType application/x-httpd-php .php .html

注意1:すべての html ファイルを PHP としてパースするため、サーバーが過負荷状態となる可能性があります。

注意2:レンタルサーバーの場合、.htaccess の編集ができない場合や、.htaccess による拡張子設定が許可されていない場合があります。 例えば さくらのレンタルサーバ では、この方法は利用できません。 ホスティング会社のマニュアルや FAQ などで確認するようにしてください。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.