サーバーのphp情報を取得する

phpinfo

サーバーのPHPバージョン、モジュール等の設定を確認するには、phpinfo()関数を利用します。

PHPの設定を確認する方法

PHPの設定を確認する方法として、phpinfo()が用意されています。 環境を確認したいサーバー上に、下記の一行を記述したスクリプトを作成し、ブラウザからアクセスします。

<?php phpinfo();?>

PHPとして正しく実行されると、様々な情報が表示されます。 もし、<?php phpinfo();?>という文字列がそのまま表示されるときは、PHPが動作していないか、適切に設定されていない可能性が高いです。

phpinfoで得られる情報

PHPのバージョン、パス、モジュール、OSの種類とバージョン等、様々な情報が取得できます。 allow_url_fopenpost_max_size等の設定を見ることも可能です。

確認したら削除する

phpinfo()の出力には、サーバーセキュリティに関わる情報も含まれています。 現在の状況が確認できたら、削除するようにしてください。


※サーバーの設定により、phpinfo()で環境を確認することを禁止していることがあります(php.ini に、disable_functions = phpinfo と書いてある場合)。この点はサーバー管理者(レンタルサーバーを利用しているホスティングのサポート)に確認してください。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.