PHPのインストール方法

ソースからインストールする方法

PHPのインストール方法は、通常のソフト同様、 ソースからインストールする方法とバイナリからインストールする方法があります。

ここでは、ソースからインストールする方法を解説しています。 ソースからのインストールは、ディストリビューションに依存しないため、 汎用性が高いからです。 また、最新バージョンはソースのみで、バイナリが用意されていないことも多いです。

バイナリファイル(RPMなど)を利用する場合は、 お使いのディストリビューションのサイトを参考にしてください。

ソースからインストール

最新バージョンが PHP本家サイト で配布されています。 通常のソフト同様、./configuremakemake install でインストールすることができます。 なお、インストールには管理者権限が必要です。

$ gzip -d php-X.X.X.tar.gz   ;;; この行と次の行を同時に行う場合は、
$ tar -xvf php-X.X.X.tar     ;;; tar -xvfz php-X.X.X..tar.gz と入力します。
$ cd php-X.X.X
$ ./configure          ;;; インストールの設定をする。
$ make                 ;;; ビルドする。
$ su                   ;;; ルートになる。パスワードを要求される。
# make install         ;;; 実際にインストールする。

./configure のところでオプション設定ができます。 詳しくはPHP本家サイト の解説を参照してください。

Copyright (C) 2003-2013. PHP で WEB 作成 All rights reserved.